関西国鉄線乗りつぶし1980・2 その2
加古川線・福知山線

関西の国鉄線乗りつぶし旅行、未乗の加古川線野村(現西脇市)〜谷川を乗車。
帰りは福知山線の客車鈍行で大阪に戻った。
撮影日 1980年2月23日


野村
当時の加古川線は加古川からの列車は鍛冶屋線直通が主で、野村〜谷川は折り返しが多かった。


野村 733D キハ35 66+キハ30 49


野村 744D キハユニ15 16他


西脇駅


谷川 831D キハ35 66+キハ30 49


谷川 740レ DD51 1184
この列車に大阪まで乗車。


谷川 740レと交換の7Dまつかぜ3号


腕木信号が現役だった道場で713D丹波3号と交換。


渓谷の駅武田生で新車のキハ48の425Dと交換。


客車の裾からスチームが漏れている。




生瀬 703Dだいせん3号と交換。
キハの窓下は労組スローガンでも消した跡だろうか。


113系が出入りする大阪、左はシールドビームながら非冷房。


大阪環状線の関西線直通快速。


低窓クハ153先頭の新快速3676M。


3677M


大阪を出てゆく3676M。




次 王寺・京都へ
TOP 日本国有鉄道のころ 掲示板