安野花の駅公園
キハ58 554

可部線廃線跡の旧安野駅、安野花の駅公園に保存。
駅舎、ホームなど廃線時のまま公園として整備された。
撮影日 2017年10月15日


旧駅舎前の現役時からの周辺案内図。
猫の駅長の表記があるが、以前は猫が住み着いていたが、捨て猫も多くあり里親を募りもらわれていったという。


廃線前から桜、桃など花の駅として有名だった。廃線後公園となり植樹も進められた。


2003年11月廃止、2005年4月に公園が完成した。


旧駅舎内の案内板。




改札口の向こうにキハが見える。


待合室は当時のまま。








かつては島式ホームの交換駅だったため、駅舎とホームが離れている。




踏切警報機は移設したもの。




種別幕は色あせてしまった快速の文字が見える。














右は貨物ホーム跡。




車内は集会所としても使用、申し込めば地域住人以外でも時間貸し可能という。


集会所として使いやすいようにか、一部のシートは外されている。


可部方に線路が延びている。


キロポストがあった。


県道と交差する手前でレールは切れ、格納庫がある。中を覗いてみるとイベントで使用する乗用トロッコが見えた。


県道を進むと当時のまま残る第2太田川橋梁が見える。




この場所の地図
バス利用は、広島バスセンター(紙屋町)・横川駅前・可部駅前から加計・三段峡行きで船場下車。
高速道経由は経路が違うので注意。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー中国・四国 掲示板