国鉄乗車券


まずは東海道線の終点から起点まで。
新幹線開業前、こだま形電車全盛期のころです。

こちらはお隣の三ノ宮から東京都区内ゆき。
東京は都区内にはなっていますが、
まだ神戸市内にはなっていなかったようです。

これも東海道線の大阪市内から東京都区内ゆき。

左の券の裏側。「大阪市内乗車随意」の表記があります。

尾道から東京都区内ゆきの1等乗車券。
ローマ字で行き先が表記されています。

左の券の裏側。交通公社尾道営業所の発行です。

一瞬田口鉄道からの連絡乗車券?と思いましたが
あちらは三河田口。田口駅は現妙高高原です。

こちらはやや時代が下がってS45年の山陰本線西部の
長門三隅から下関ゆき。

宇都宮から東京電環(山手線内)ゆき。

水戸から東京電環ゆき。

水上から東京電環ゆき。
同じ電環ゆきでも3枚とも微妙に表記などが異なります。

新潟から東京都区内ゆき子供券。

東京都区内から掛川ゆき子供券。

熊谷から大宮ゆき。

赤羽から久喜ゆき。
このころは35.7kmの区間でも通用2日途中下車可でした。

中央線藤野から吉祥寺・西荻窪ゆき。

氷川(現奥多摩)から吉祥寺ゆき。★

五日市線武蔵増戸から吉祥寺ゆき。
今は完全な国電区間です。

伊東車掌支区車内補充券 電環表示で根岸線が磯子までです。西寒川は無視されています。

釜石駅発行 陸中大橋から東京都区内までのマルス券

信州周遊券 A券片

メニューへ