木曽森林鉄道140号+B形客車+
運材台車+制動車

石川県津幡町の石川県立森林公園に保存。
撮影日 2016年5月13日


この地に森林鉄道があったのではなく、森林公園の展示物として木曽森林の車両を設置したようだ。


根元が腐ったのか継ぎ足された支柱が面白い。


機関車+客車+運材台車2組+制動車の5両編成と保存車では林鉄最長?


客車のところだけ上屋がかかっている。


後尾は長さよりも幅が広い制動車。




機関車は木曽森林の本線用主力機だった協三10t DBT10。
L形機としては珍しくボンネット側ではなく湘南顔のキャブ側が正面。


画像が傾いているのではなく機関車が傾いている。これは倒れる前になんとかしてほしい。


塗装はなぜかピンクと白。









運材台車を使ったボギーのB形客車。
上屋の下にあり屋根を張り替えるなど整備も受けており休憩所として使用されている。






機関車とは全く違った整備清掃がされている車内。




運材台車は丸太を載せている。













制動車は露天でかなり傷みが出ているが扉などは手が入っている様子。









線路はポイントも設置。


森の中、良い雰囲気の保存場所。



機関車向かいの休憩所の案内看板。
バス停のあるインフォメーションセンターから遊歩道を1kmほど、
車、タクシー利用の場合は公園東側の総合案内所・公園事務所側の入口から徒歩5分ほど。


休憩室入口にはこんな物騒な張り紙。
公園入口から市街地まで2kmほどとは思えない山深いところでクマが出そうな場所だった。


この場所の地図
中津幡駅から公園入口インフォメーションセンターまで2km強(登り道)そこから機関車まで約1km。
バス利用は津幡町営バス緑が丘線で森林公園南口下車(インフォメーションセンター前)
平日2往復、休日朝森林公園南口行1便追加、12月1日〜3月31日冬季運休


1973年当時の木曽森林鉄道上松ヤードの様子はこちら

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板