木曽森林鉄道52号

豊田市のこども園に保存されていたが、客車、運材台車ともにかつての上松貯木場跡の上松電子工場に2015年移設された。
撮影日 2015年7月2日


機関車は整備中で文字通りベールの中だった。


エンジンカバーを外して本格的な整備が行われた模様。




機関車と運材台車は切り離されていた。


運材台車の保存は空のところも多いが、木材が乗った状態で展示は嬉しい。
台車の色は客車と同じになっていた。




B形客車もきれいに整備されていた。




上松駅ホームから見えるが駅舎と反対方向で、踏み切りか跨線橋を経由する。


上松町のマンホールはボールドウィンの牽く運材列車。


以下は2016年8月9日撮影

案内看板も豊田から移設されたものの様子。




美しく整備された姿になっていた。


ラジエターの横に飛び出た前照灯、ナナメになった煙突でなんとも愛嬌のある表情。








キャブ上のライトは高い位置にある。













車窓からも見えて町の良いシンボルになりそうだ。


この場所の地図

1973年当時の木曽森林鉄道上松ヤードの様子はこちら

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板