ポッポの丘の保存車
クハ183-1527

ポッポの丘には長野県上田市の夢ハウスあずさ号からクハ183-21カットボディが2014年移設されたが、
2015年4月そのとなりにクハ183-1527が保存された。
撮影日 2017年1月9日


上越特急「とき」から幕張に移動の際、ATCを装備して1500番台に改番、最後は長野総合車両センターに所属。
同編成の反対側のクハ182-102も一時ポッポの丘で保管されていた。


クハ183-1527と並んでいる3両のカットボディは千葉鉄道保存会の所有車とのこと。


廃車時まで国鉄色だった車両だが、側面のJNRマークは外されている。


「わかしお」「さざなみ」のヘッドマークを掲示、クハ183−21はカットボディだが、房総特急全盛時の姿が再現されている。


側面は整備が終わっていないようで、塗装の傷みがでていた。


丘の上に並んだ千葉の電車たち。


以下は2018年4月28日撮影

いすみ鉄道30周年イベントに合わせて、運転台公開が行われていた。


ヘッドマークは夏臨の「ビーチインBOSOわかしお」表示。
海水浴臨時列車らしく千葉の次は大網を通過して茂原というダイヤでした。


ポッポの丘公式サイト
営業時間 10:00〜16:00
営業日 金〜月・祝日


この場所の地図
鉄道利用の場合は上総中川駅より約2km徒歩30分ほど。
国吉駅にはレンタサイクルがあるのでこれの利用も便利。(営業時間要確認)


ポッポの丘メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板