東京メトロ01-630

東京大学柏キャンパス生産技術研究所で研究用車両として使用。一般公開時に撮影。
撮影日 2017年10月28日


銀座線1000系への置換えで廃車となった01系を譲渡、2017年3月に搬入、5月に寄贈式が行われ10月に一般初公開された。


扉下にいる案内のお兄ちゃんは留学生、手前の松葉スポークの出所など質問したが残念ながらマニアな言葉は通じなかった。


虎ノ門というマニアックな行先表示を出している。






台車の集電靴は外してあるようだ。


車内は広告がなくなった程度で現役時と変わらない。


運転台にさりげなく本車も紹介されている鉄道ピクトリアル2017年12月号が。


右は東急車輛製の車内空間実物大モックアップ。


座席配置などの研究成果は、東急新7000で実用化され、熊本市電9700の改装も提案したという。


各種シートが点在している。


1435mmと1067mmの3線軌条に関西私鉄で使われた台車も展示。


京阪2600のFS-327A・FS-509、阪急3000のミンデンFS-045、南海6100のパイオニアP3-709。
研究実験用なのだが実にマニアックな品揃え。


FS-327A


FS-509


FS-045


P3-709


東急7000、井の頭線3000でも使われたパイオニア台車、ディスクブレーキが眼を引く。


何の説明もなしに置かれていた、多分パイオニアのボルスター。


松葉スポーク車輪も3軸展示。


手前は長軸、刻印が見えるものもあったが解読できなかった。
しかしこれは実験用ではないよね・・・


1/10の走行実験線と車両。


研究棟の外には全長333mの実験線が敷かれている。


実験用の外側フランジ車輪に対応した特殊分枝。


2人乗り電動カート。


カートのデモ走行?


この場所の地図
一般公開の日程は東京大学柏キャンパス公式ページで告知。


東京メトロメニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板