直方市石炭記念館
坑内・坑外用ナロー車両

記念館裏手に展示されている鯰田炭鉱、大之浦炭鉱(貝島炭鉱)など筑豊炭田各地で使用されたナローの車両たち。
撮影日 2016年10月16日


鯰田炭鉱坑外線で使用されていた5t凸形機。


パンタと車体幅が同じ、風が吹いたら倒れそうだ。




パンタ摺り板は厚くローラー式のようにも見える。




炭車が2両。


炭車の積載量は重量表示と容積表示があるが、ここでは容積表示。





上三緒・芳雄炭鉱で使用された圧縮空気式機関車。この手の車両の保存は珍しい。


台枠にエアタンクを乗せただけというスタイル。





大ノ浦炭鉱で使用された6.5tディーゼル機関車。


救護訓練坑道に突っ込んでいる。




本館前の人車など。













いろいろな機械などの展示品が雑然と置かれている。


直方市石炭記念館
休館日   毎週月曜日・祝日の場合は開館
         年末年始(12月29日〜1月3日)
開館時間 9時〜17時(入館は16:30まで)
入館料 100円

機関車見学は開館時間外でも可能

この場所の地図

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板