横浜地下鉄新羽基地公開
1011+1012+1016保存車

毎年秋の車両基地公開「はまりんフェスタ」開催時に展示される市営地下鉄開業時の車両。
撮影日 2016年10月29日


はまりんフェスタは3箇所の地下鉄車両基地の持ち回りで開催。
1000形が保存されている新羽は2016、2017年と2年続いて会場となった。


1000形は引退時6連となったがデビュー時の3連で保存。
動態で展示場所へは自力移動しているという。


横浜地下鉄のナンバリングは10台は編成番号、1台が号車番号。
1016は1000形第1編成6号車を示す。




正面にはさよなら1000形と廃車後初の公開となった2012年のはまりんフェスタのステッカー。


JRのE235系など側面扉を塗り分けるのは本形式が最初だった。


2号車1012。


1号車1011。




2017年公開時は車内も公開されたという。



検修庫の3000N形3326と3000A形3276。


3326編成は、はまりん号のステッカー。


3271と3321。




3000S形3556と3000R形3426。


3421と3551。


車庫公開ならではの台車を観察。


集電靴。


基地の末端部にいたモーターカー。


Yokohama Subweyのレタリングも粋なマルタイ。




レール研削車。


人気企画モーターカー体験乗車。




バスの降車ボタン押し放題も実施。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板