上信電鉄デハ203

1964年製上信電鉄オリジナルのカルダン車。
2013年3月廃車後2015年3月に高崎駅の待合室として車内改装の上設置。
撮影日 2016年7月1日


車内に掲示されている新聞記事。テーブルや入口フェンス、塗装などは地元の専門学校訓練生の製作、作業によるもの。


車庫側の駐車場から撮影。
途中に車止めがあるがレールは繋がっている、架線は張られていない。


「絲綢之間(シルクのま)」の名称でホーム先端に設置。






車内の半分はオリジナルのロングシート、半分はJR発生品のリクライニングシート。
つり手は撤去されている。




腰板部分は木材パネルで覆われている。



この場所の地図


上信電鉄メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板