1190

元鶴見臨海鉄道から国鉄へ、戦後一時期銚子電鉄に貸し出され、晩年は三井埠頭で使用されたコッペルのCタンク。
河口湖自動車博物館駐車場に保存。一ケ月間しか公開されない保存車。
撮影日 2007年8月21日


周囲は木が茂っており、全体をすっきりと見通すとこができない。








有料施設の展示物だけあって、状態は悪くはない。

この博物館はここ数年8月の一ヶ月間しか開館していない。
機関車は駐車場に展示しているため入館料は不要だが開館時間を過ぎるとゲートが閉められる。

この場所の地図

バス利用の場合は無料の富士桜高原送迎バスで「第1次京王入口」下車、目の前。


富士山を背に、F-104戦闘機を乗せた自動車館。


昭和30年代国産車コーナーの背景画は当時の銀座、都電も描かれている。


館内には鉄道関係のポスターも若干展示。


このポスターは近年のもののようだ。


屋外にはボンネットバスも。


「鉄・街・道」主宰の831列車さんから富士急ハイラインドに保存されていた当時の画像をご提供いただきました。



「1190がまだ富士急ハイランドに保存?されていた時の画像がありましたので添付いたします。
撮影は記録によれば昭和55年(1980)2月のはずです。

なにかの折の河口湖方面へ旅した時に立ち寄った際、園内に蒸機の姿がありました。
保存されて約10年ちょっとたっており、さらに露天でしたのでやはり各所に痛みがあり、
また説明板などもなかったので「大したロコではないんだろうな」などと思ったためか
なんとなくスナップして程度でしたので数コマしか撮影していません。
また雪はやんでいたものの曇天で露出もアンダー気味だったので本来の色がでていないのが残念です。


1190履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1924-3 Orenstein & Koppel 製番10658
納入 鶴見臨港鉄道301
1943-7-1買収 国鉄301
1945-12-2借入 銚子電気鉄道 1190?
1946-3-31返却
1946現在 浜川崎
1947-3-1改番 1190
1949-3-18廃車 浜川崎
1950譲渡 三井埠頭扇町3
1968-10-31廃車
1968保存 富士急ハイランド
移転 河口湖自動車博物館

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板

広告ポリシー