29612


志免町役場に隣接する志免メインパークに保存。
撮影日 2012年11月2日

2013年12月追記
2013年度内の解体、撤去が新聞報道されました。


2014年2月追記
豊後森機関区扇形庫を擁する大分県玖珠町が引取を表明したとのことです。


2014年4月追記
4月10日に搬出され11日に一時保管場所の直方汽車倶楽部に搬入されました。

2015年6月追記
6月10日に汽車倶楽部での修復を終えて豊後森機関区跡に移動しました。


C-96型とはだれも注意しなかったのか?


煙突はパイプ煙突。


機関車の前は植栽で正面から見られない。


背の低い腕木信号機が脇に2本立つ。


機関車の回りはフェンスで囲まれている。各部にだいぶサビがでている。












機関車の前の道は宇美方面へ向うバスが走る。

下はバス車窓から、2012年10月5日撮影。



この場所の地図
バス利用の場合は志免体育館、志免役場前、下志免下車。


機関車から300mほどの勝田線駅跡は志免鉄道公園になっている。







腕木信号機の羽はなくなっていた。


勝田線、炭坑の写真を陶板で展示している。





29612履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1918-12 汽車製造大阪工場 製番316
1919-1-27使用開始 配置鳥栖
1924-11直方
1925頃 浦上
1933-6-30現在 浦上
1955-8-1現在 西唐津
1965-3-31現在 西唐津
1971-4-27全検
1972-3-31現在 行橋
1973-3-31現在 行橋
1974-3-31現在 行橋
1974-12-19休車
1974-12-24廃車 行橋
1975-3-5貸与 保存
2014-4-10 移動 直方汽車倶楽部
2015-6-10 移動 豊後森機関区跡


1973年12月 伊田

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー