48696
形式8620

大牟田駅から徒歩15分ほどの大牟田市動物園に保存。
撮影日 2011年4月27日


58654復活にあたり部品提供も行った。
案内板の「8620型の496番目に製造」は誤り、8699の次は18620になる80進法で397番目。


正面プレート、ライトガラスが無く、色さしはロッドの赤だけ、艶のない塗装で機関区の裏手に留置された休車機のようだ。
入換用の右運転台機で、動力逆転機が非公式側に付いている。


煙突はストレートタイプ。
入換機ながら九州の蒸機に多く装備されたリンゲルマン板の取付座もある。




キャブ、テンダのプレートは形式入。文字が白なので少々違和感がある。


上屋はないが有料施設内ということもあり状態は悪くない。


シリンダのカバーは両側とも外されている。煙突の後ろの筒状のものは一体何?


足回りも黒で塗装されている。




右運転台の様子が分かるでしょうか・・・


動物園入り口からすぐのちょっと目立たない場所に展示されている。


以下画像4点木部様ご提供。2012年撮影
「非常に撮影し辛い場所で、雨の中、右運転台逆転機付の珍機ですが、
キャブに草が生えていたり、鉄板も腐食して穴が開いており、少し悲しい状態です。」








この場所の地図

大牟田市動物園
休園日 第2・4月曜(祝日の場合は翌日)年末年始
開園時間 午前9時30分〜午後5時 入園は30分前まで
(12月、1月、2月の冬季は午前9時30分〜午後4時30分 )
入園料 360円

48696履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1922-1-28 日立製作所笠戸工場  製番36
1922-1-30配置 三田尻
1927-4-1現在 南延岡
移動日不明 早岐
1932-11-28 鹿児島
1940-6-29 行橋
移動日不明 大分
1946-12-31現在 米子?
移動日不明 大分
1950-1-27 鹿児島
1971-8-23休車
19711-12-13廃車 鹿児島

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー