万字線鉄道公園
B20 1

万字線旧朝日駅に保存。
撮影日 2011年9月7日




B20の案内看板は無く、キャブ内に紙で掲示されている。


小樽築港で廃車後保管され、その後岩見沢東山総合公園で保存、1999年に現在地へ移設された。
あまり手入れされていないようだ。


プレートは木製?書体などもうすこしがんばってもらいたかった。


背面にプレートが無いが、小樽築港保管時代から無かったようだ。


シンプルな足回り。


ボイラーにはX線検査銘板が残っている。ドームにはベルの装飾。


ベルの左上には鳩が飛んでいる。







B201移転前に設置されたと思われる公園案内看板。


まるでお墓のような駅跡碑。


裏面


B201が展示されているホームと旧駅舎。




B201のいる線路の東外れにある旧貨物ホーム?
同じ本線の旅客ホームの先に貨物ホームがあるので、旅客ホームは公園化の際移設されたのだろうか。


西側には9600動輪を展示。


塗装されており刻印などは確認できなかった。




駅舎内には立ち入りできない。


掲示されているポスターなどは廃止時のままのようだ。


バス停近くは小さな集落だが駅の前には廃屋が2軒。

この場所の地図
バス利用の場合は岩見沢駅前のバスターミナルより中央バス万字線(1日8往復、土休日6往復)で約30分旧朝日駅下車すぐ。
さらに先の美流渡には万字線鉄道資料館がある。

万字線鉄道公園

B201の小樽築港保管時代はこちら

B201履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1944-2 国鉄郡山工場 製番11
仙台局配属 配置 黒沢尻支区
1949-6-22小樽築港
1967-10-23廃車
1999-12保存場所移転 東山総合公園→万字線公園

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北海道 掲示板

広告ポリシー