C12 64

旧志布志線今町駅跡の鉄道記念公園に保存。
撮影日 2012年4月25日


長い間北海道で働き、最後に南九州にやっていた機関車。


同じ内容の案内看板がもう1枚あるが、移設前のもののようだ。


下り線ホーム跡に保存、上屋、フェンスが設けられ機関車には接近できない。






各部への色いれが少々過剰でおもちゃの機関車のようにも見える。


小樽築港区の入換機に見られたコールバンカの手すり。
形をかえてDD16のボンネット上の手すりに引き継がれている。




これも小樽築港区入換機の特徴、スノープロウ昇降用エアシリンダ。
1972年3月当時小樽築港区配置のC12の4両 6、38、64、225 はすべて保存されたが225は2008年に解体された。




ホームに立つ駅名票の裏側は今町駅の時刻表。




線路跡は整備され遊歩道になっている。






以下木部様3点ご提供
撮影日 2013年1月10日






この場所の地図
バス利用の場合は都城から鹿屋・志布志方面行きで今町局前下車。

C1264履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1934-3 汽車製造大阪工場 製番1223
当初配置 長万部?
1935-3-31現在 長万部
1941-3-31現在 函館
1945-9-30現在 標茶支区
1954-10-1現在 小樽築港
1974-5-4吉松
1974-12-16休車
1975-1-8(2-8?)廃車 吉松
1975-3-8保存 都城総合運動公園
1996-3 移設

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー