C12 88

糸魚川小学校に保存。
2012年新幹線開業のための周辺整備で小移動。

撮影日 2007年10月




雪国の機関車らしくスノープロウ装備で保存。


緑プレートになっている。


傍らには腕木式信号機。



 
足回りはペンキで塗られているが状態は良好。




学校内の保存だが、公道からも見ることができる。
訪問当日はたまたま児童の校外活動で先生が校門のところにいらしたので撮影許可をいただいた。
昨今学校内無断立ち入りは制限されているところが多いので、くれぐれも無許可で校内に入ることのないようにしたい。


以下は2012年7月21日撮影

校舎改築工事にあたり道路脇に移動した。


この日はゲートボール大会が行われており、校庭が開放されていた。
移設にあたって手入れはされなかったようだ。




後ろは工事が進む新幹線高架、この位置のままだと車窓からも見えるようになりそうだ。








上屋の横に立てられていた腕木信号機は転がったまま。




その後新幹線開業による駅周辺整備でC12SLパークとなった。
以下は2015年3月21日撮影

C12とレンガ庫のイラスト入り英文併記の案内看板も設置された。
C12のロッドをもう少し丁寧に表現してほしいところ。


機関車も整備されてぴかぴかになっていた。


腕木信号機も傍らに立っている。


新幹線高架が横切っているが防音壁が高いためパンタ部が見えるだけ。




キャブには運用票も入っている。


機関車の前には解体されたレンガ建機関庫の一部を展示。




この場所の地図

C1288履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1934-12 汽車製造大阪工場 製番1252
配置 糸魚川(案内看板記載)
1955-8-1現在 糸魚川
1958-5-27借入 日本石灰石開発
1958-9-30返却
1972-10-23廃車 糸魚川
1973-6-22保存

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板