C58 230

煙扉部分が沼津駅南口駅前に保存。
撮影日 2008年9月10日


沼津機関区の歴史を印した記念碑として設置されているようだ。


C58230の煙室扉とC58の動輪。お墓に見えないこともない。


動輪の刻印はC581×4と読める。

2016年1月追記
831列車さんが現地確認したところ194の刻印がかろうじて確認できたとのことです。


西日を受けて。
沼津駅は駅舎は改築されているがホームは昔のまま、
戦前EF53からC53に機関車交換したころの雰囲気が残っているが高架化工事が始まろうとしている。




以下は2018年12月26日撮影

駅前広場はイルミネーションが点灯していた。




この場所の地図

C58230履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1940-5-24 川崎重工兵庫工場 製番2307
名古屋局配属
1945-8現在 美濃太田
1956-4-1現在 美濃太田
1964-4-1現在 稲沢第一
移動時期不明 高山
1968-9-29 沼津
1970-6-25 廃車 沼津

TOP 保存車メニュー 保存車メニュー東海 掲示板

広告ポリシー