D51 1072

東海道・山陽本線神戸駅東方高架線下に保存。
撮影日 2007年12月19日


国鉄蒸気機関車最後のころまで現役で活躍した1両。


2007年秋からこつこつと塗装作業が行われており、訪問した時には足場が組まれていた。




上回りのほぼ終わった様子だった。この塗装はボランティアの方がお一人で作業されているそうです。




キャブは北海道仕様の密閉形。




街はクリスマス一色のころ、機関車にも小さなリースが付けられていた。




高架線を233系が通過中、防音壁のため車窓からは上り列車では見えない。




この場所の地図


以下は2年後の2009年12月16日再訪

再塗装工事は終了し美しく仕上げられていた。










テンダ片隅の 4−9 鷹取工 表記は移転工事時のもの。




背後の高架線をEF210桃太郎が通過中。


以下は2015年10月25日撮影

前回訪問時から比べると色艶が落ちているがこれはこれで落ち着いた様子にも見える。


タレも少々出てきている。






テンダはタレが目立つ。









D511072履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1944-2-27 日本車輛名古屋工場 製番1238
当初配属不明
1945-9-30現在 岩見沢
1947-3現在 岩見沢
1947-3-21旭川
1947-12-30新得
1966-10-1池田
1967-4-12五稜郭
1971-9-16滝川
1975-3-31現在 滝川
1975-? 追分
1976-3-1廃車 追分
1978-7保存 神戸市元町西広場
1992-4 移設 神戸駅前

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー近畿 掲示板