D51 165

福光駅から徒歩10分ほどの福光公園に保存。
撮影日 2012年6月2日


最後まで北海道で現役だった機関車。


上屋の下で大変良好な状態だった。


機関車の前にこれもD51のものらしい動輪を展示。




動輪の刻印は確認できなかった。




テンダのライトは北海道仕様の奥に引っ込んだもの。


切り詰めデフ、デッキの手すり、スノープロウの北海道装備。


下回りはペイントされている。ブレーキシューの黄色は少々残念。






ホーム入り口は駅舎風で時計も設置。



この場所の地図


D5159履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用および案内看板より
1939-3 日本車輛名古屋工場 製番689
東京局配属
1939-3-22使用開始 配置大宮
1940-10-6借入 水戸
1941-2-7水戸
1962-10-1平
1964-10-30池田
1966-10-6鷲別
1967-12-4旋回窓取付
1973-12-14遠軽
1975-4-24(4-30?)岩見沢第一
1976-3-1廃車 岩見沢第一
1977-12 保存

オマケ

福光駅前のD51767動輪。


福光駅前のもう1両のD51、駐輪場に描かれたD512923(フクミツ)屋根には煙突。


キャブにも立派なプレートが付いている。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー