D51201

オハフ33 2424


蒲郡駅より徒歩5分ほどの蒲郡市博物館に保存。

博物館開館時間は10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日は月曜日・第3火曜日(祝日の場合は開館)
年末年始(12月28日〜翌年1月4日)

撮影日 2005年10月12日


浜松工場製で東海道・中央・高山線で活躍、東海地方ゆかりの機関車だ。


博物館の前庭に展示されている。入館料は不要。


梅小路の200号機とともに最後は木曽で活躍した機関車。


足回りは油で磨き出されている。


色調も落ち着いた感じで大切にされていることが分かる。




D51の後ろにはオハフ33 2424


字体がちょっと違うのが気になる


車内も公開されている
※毎月第一日の午前中に客車内のワックス掛けがおこなれている。
作業当日とワックスが乾くまでの数日は車内公開は中止となる。


貫通路の仕切りがなければ現役そのものといった雰囲気。


隣接する道路からも機関車が見える。
この道路の反対側はすぐ海、潮風のあたる場所にもかかわらず
保存会の手により美しい状態を維持している。


1973年5月5日 中津川


Take-yさんから2011年12月撮影の画像をいただきました。

2005年 撮影された写真と全くといっていいほど変わらぬ姿6年近く経っているのに劣化の兆しが見えないある意味驚異的すらある)
をご報告できればと思い添付させていただきました。」


メインロッド部にD51827の刻印が見られる。

この場所の地図

蒲郡市博物館
蒲郡駅南口より徒歩約8分
休館日 月曜日・第3火曜日(祝日の場合は開館)
年末年始(12月28日から翌年1月4日)
開館時間 10時00分から17時00分(入館は16時30分まで)
入館料 無料

D51201履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1938-10-31 国鉄浜松工場 製番26
名古屋局配属
1938-10-31配置 浜松
1945-11-20配置 多治見
1950-10-13配置 名古屋
1955-2-17借入 大垣
1955-2-19返却 
1959-4-1 高山
1962-6-22 追分
1967-2-21 旋回窓取付
1968-1-17借入 福井
1968-4-2返却 
1969-10-1稲沢一
 移動不明 中津川
1973-6-20 中津川 廃車

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板

広告ポリシー