D51 488

安来駅より徒歩10分ほどの和鋼博物館駐車場に保存。
撮影日 2013年5月25日


昭和36年の長島機関区(宮崎県)は長町機関区(宮城県)の誤りだろう。


上屋の下、短めの腕木信号機とともに展示。


助士側は植栽がありほとんど見られない。




全体にペンキ厚塗り気味だが状態は良好。


下回りもペイントされている。


郡山工場ボイラ交換の銘板。








博物館、図書館共用の駐車場の公道側に保存、閉館時間でも見学可能。
左手前は博物館の屋外展示物。


皇居二重橋のドイツ製唐草橋脚。


この場所の地図
安来駅内観光交流プラザのレンタサイクル利用が便利。9:00〜18:00

和鋼博物館
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 水曜(祝日の場合は翌日)年末年始
入館料 300円
機関車見学は入館しなくても可能。

D51488履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1940-3-30 国鉄郡山工場 製番6
仙台局配属 配置福島
1958-2-15新缶に交換
1960-8現在 福島
1961-4-30長町
1961-8-31熊本
1965-10-28新見
1965-12-16集煙装置取付(後藤工場)
1973-4-1浜田
1974-6-29後藤工場蒸機最終検査出場
1975-1-15さよなら列車「石州号」米子〜益田12系6連D51620と重連で牽引
1975-4-30廃車 浜田
保存 米子駅前
1993-4移転 和鋼博物館

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー中国・四国 掲示板

広告ポリシー