D51 769

聖高原駅からバスで15分、下車後徒歩5分ほどの麻績村立聖博物館に保存。
撮影日 2012年7月21日


聖湖の標高は970mほど、全国数あるD51保存車のなかで最高所にある車両のようだ。


長工式集煙装置装備で保存。
ロープで囲まれて機関車に接近できない。




聖高原の旧駅名「麻績」の駅名票が傍らに立っている。




数年前に塗装されたというが、各所で塗装のはがれなどが見られた。


足回りはペイントされている。








機関車の左後方のフェンスの外は公道で後姿は道路からも見える。


閉館時でもこの角度から道路から見られる。

敷地内には自衛隊払下げの航空機も展示されている。

東宝特撮映画の名脇役F86。


エンピツにカミソリを付けたようなF104。




海底から引き上げられた戦艦陸奥の主砲なんてものも展示されている。


博物館別館は明治期建造の麻績小学校を縮小移設したものだが、訪問時は耐震工事中で入館できなかった。


博物館本館内に展示されているタブレットキャリアと麻績駅名板。

麻績村立聖博物館
開館時間 午前9時〜午後5時
休館日:毎週火曜日(冬期間閉鎖)
入館料 310円(機関車の見学には不要)

この場所の地図
バスは聖高原駅より麻績村営バス 聖湖下車
聖高原線、日曜運休、一日2便
循環線聖湖経由便、水・土のみ運転、一日3便

D51769履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1943-9-161 川崎重工業兵庫工場 製番2867
東京局配属
1943-9-25配置 宇都宮
1957-3-7借入 高崎第一
1957-3-15返却
1959-7-10借入 白河
1959-8-18返却
1959-9-28(9-26?)富山
1960-1-24木曽福島
1960-6-11換気装置取付
1968-7-7集煙装置取付
1972-5-16廃車 木曽福島
1972-6-16保存

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー