D51787

しなの鉄道 旧御代田駅の御代田町交通記念館に保存。
2004年9月20日撮影。




機関車は「御代田町D51−787号機保存整備協議会」の手により
復元、整備されすばらしい状態になっている。
鉄色に磨き上げられたその姿は近年の動態機には見られない生きている蒸気機関車の色だ。


油の回った磨き込まれた下回り。
逆転機も可動し、公開時にはその動きを間近に見ることができる。


エア関係も修復され、ブレーキ、焚き戸口などが現役時代さながらに可動する。
静態機ではトップクラスの状態にまで整備、復元された
保存整備協議会の方々の努力と情熱には頭の下がる思いだ。

訪問当時は4月上旬から11月下旬の日曜日・祝日の8時30分から17時に公開されていた。



以下は2008年12月18日撮影




相変わらず現役機とみまごうばかりの良好な状態だ。


車窓からはっきり見えるように線路側の柵にD51787と書かれている。


つや消しの塗装具合が実に素晴らしい。










保存場所はかつてのスイッチバック駅跡、駅構内の配線は一部残っている。


ホーム跡のレンガも残存。

この場所の地図

D51787履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1943-9-29 汽車製造大阪工場 製番2327
配属 東京局
1943-10-7配属 水戸
1954-6-12借入 木曽福島
1954-7-10 木曽福島
1957-3-30 新缶に交換
1960-12-7 換気装置取付
1971-4-17 木曽福島 廃車

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー