D51 837

中央アルプスをバックにした有名撮影地大田切駅より徒歩5分ほどの駒ヶ根市北の原公園共楽園に保存。
撮影日 2008年4月2日




台地の端の公園の一隅に展示されている。


鷹取式煙装置を装備していたが保存時に外された模様。


この機関車の特徴は左右で異なったデフ装備、助士側は戦時形の厚みがあり上部折れがないタイプ。










足回りはペイントされている。整備はされているようだ。




機関車のすぐ後ろから飯田線の大田切駅と大田切川橋梁が見える。


駒ケ岳をバックに大田切川橋梁を渡る119系、この画面の左手先上方に保存されている。

この場所の地図


D51837履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1943-3-10 国鉄鷹取工場 製番45
配属 広島局
1943-3-27 岡山
1966-10-8借入 糸崎
1966-10-15返却
1968-3-22集煙装置取付
1968-4-4借入 新見
1968-10-19返却
1969-5-28 新見
1969-6-4 通票受取付
1973-4-13 長門
1974-12-3 長門 廃車
1974-12-15保存
 

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー