D52136


沼津駅北口より徒歩5分ほどの高沢公園に保存。
撮影日 2006年4月10日

2019年8月追記
掲示板に磐城総合車両所さんから情報をいただきました。
5月に沼津のD52136を訪問しました。
以前は柵がありませんでしたが、柵が取り付けられていました。
そして、公園内の遊具も更新されていて蒸気機関車や駅を模様したものになっておりました。






上屋付きで保存。御殿場線で活躍したD52だが
五稜郭で廃車になったものを沼津ゆかりの形式として保存された。


ナンバープレートはレプリカ、左のデフが歪んでいる。


ぐっとせり出したボイラーに前方にはみ出したステップが
D52ならではの表情。


足回りは比較的きれいだが、下にもぐりこめぬよう鉄棒が溶接してある。


キャブのガラスはなくなっていた。
密閉キャブに改造されたD52では唯一の現存機。


テンダ床下、上部にも侵入よけがものものしく張り巡らされている。


テンダのプレート、ライトは未設置のまま。
助士側には遊具らしい古タイヤが埋め込まれている。


斜めの汽笛は巨人機D52の象徴。


機関車の前はゲートボール場。


公園内は桜も多い。この日は雨の中花びらが舞い散っていた。


軌楽庵様より2010年11月7日撮影の画像をいただきました。

左側デフのゆがみは直されたようだ。


テンダのプレート、ライトは欠落したまま。




以下は2019年8月6日撮影

周囲に柵が設置されてタイヤもなくなっていた。


プレートも新調されたようだ。




整備から数年経って少々サビなど出てきている。


テンダのプレートも付けられた。




D52の象徴、斜め汽笛。








この場所の地図

D52136履歴
レイル・マガジン2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1944-8-31 汽車製造大阪工場 製番2436
配属 名古屋局
1944 配置 稲沢
装備改善
1953-11-28 吹田
1954-11-5 借入 米原
返却
集煙装置取付 鷹取工場
1956-11-7 姫路第一
1957-8-28 新缶に交換 鷹取工場?
1960-1 左側旋回窓取付
1960-10-6 五稜郭
1960-10-24 耐寒工事施工 集煙装置取外 苗穂工場
1962-3 運転台を密閉式に改造
1965-3 右側旋回窓取付
1973-5-23 廃車 五稜郭

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板

広告ポリシー