台湾鉄路局
LDK 56
形式LDK50

新越谷・南越谷駅から徒歩20分ほどの国道4号線沿いのステーキハウスぺこぺこ越谷店に保存。
撮影日 2008年4月2日


762mmゲージの台東線で使われた1919年汽車製造会社製Dタンク機。
廃車後数両が日本に持ち込まれ、ステーキハウスぺこぺこには2店舗で展示されたが
蓮田店は閉店し機関車は移動した。


オリジナルはポーター製、汽車製造、日本車輛、日立で合計15両作られた。




塗装は緑色になっている。


キャブには南国で働いた機関車らしく空気取り入れ口がある。


国鉄と同様形式入りのナンバープレート。




この店も閉鎖されたようだった。

台湾に残ったLDK59は2010年4月に復元、動態保存された。



店舗の裏手には東武ワラ24の倉庫。


さらにその横の用水路の蓋にはワム80000?の側扉?
手前に見えるようにところどころ腐食で穴が開いているので上に乗るのは危険。

店舗の建物そのものも中に電車を取り込んで建てられているという話だが確認できなかった。


以下は2019年1月7日撮影

店は営業中だった。


この間塗装もされたようだ。プレートは同じ色に塗られていた。






店裏手のワラ倉庫も健在。


用水の蓋もそのままだった。


建物に取り込まれた車両は台車を確認、モハ7300らしいがどの程度残っているか不明。

この場所の地図
TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板

広告ポリシー