美唄鉄道2号機

美唄鉄道旧東明駅跡に保存。
撮影日 2011年9月7日


国鉄4110と同形の自社発注機、美唄市の指定文化財となっている。


露天ながら状態は非常に良い。
4110は複数現存するが、2012年現在公開されているのは本機のみ。


シリンダから切り立ったような独特の表情、丸形プレートが良く似合っている。




力の塊のようなEタンク、ボイラー回り、ドーム、煙突など9600との共通点も見られる。






足回りはペイントされている。


ナンバープレートの下にはスリーダイヤモンド。


旧東明駅から先の線路跡はサイクリングロードになっている。


ホームの跡も残っている。


駅舎も当時のまま残っているが内部は非公開、左側にサイクルステーションが見える。




窓は内側から板があてがわれ入り口もふさがれている。


駅が廃止されて40年、今でも地元の方々によって花が植えられ大切にされている。


駅入り口には案内看板が立っている。

この場所の地図

バス利用の場合は美唄駅より美唄市民バス東線で東明5条下車、すぐ。バスの便は毎時2〜3本程度とかなりある。

美唄市公式サイト

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北海道 掲示板

広告ポリシー