花巻電鉄デハ3

花巻駅裏手、かつての花巻電鉄路線跡沿いの材木町公園に保存。
幅わずか1600mmの馬面電車。
東北本線花巻駅裏手から花巻温泉、鉛温泉に伸びていた
762mmゲージ鉄軌道線の唯一の保存車。
撮影日 2004年6月23日




上屋の中に入れられており近づくとこはできない。


幅わずか1600mm、大人が両腕を広げたら両側についてしまう。
前面は絞ってあるのでさらに細いのにご丁寧に3枚窓。
ヘッドライトが代用品になっているのが残念。


特徴ある雨宮の板枠台車。




公園の一角には宮沢賢治ゆかりの
旧花巻町役場・花巻市民の家が移設されている。


以下は軌楽庵様ご提供
2013年8月22日撮影
 


再塗装されて艶のある車体になっている。


以下4点坂下さんご提供
「花巻駅近くの公園に保存中の馬面を見てきました。
予定では明日の朝に寄ることにしていたんですが、岩手県内陸の明日は雪との予報に怖じ気付き、17時を過ぎてましたが、本日の対面に変更しました。
遠くから見る限りでは、現役の頃より綺麗じゃないかと。」
撮影日2018年3月21日

案内看板には最終営業日の写真。








この場所の地図

路面電車の走る街

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東北 掲示板