北陸鉄道 モハ6011+クハ6161
「しらさぎ」

かつての北陸鉄道加南線の終点山中温泉から徒歩15分ほど道の駅山中温泉ゆけむり健康村に保存。
撮影日 2008年12月10日


山陽電鉄2000系とほぼ同時期に登場した初期アルミ車両。
北陸鉄道での活躍は8年間にすぎないが、その後大井川鉄道で長い間使われ、2005年に里帰り保存された。


大井川で留置されていたころ同様、少々疲れた様子。


モハ6011は大井川時代に増設されたヘッドライトが外されている。


クハ6061の側は建物に接していてほとんどヒキがない。増設ヘッドライトは残されている。

 
クハにはワンマン表示も残っている。


北陸鉄道の社紋が復元されている。


下回りは旧車台車、モーター、制御機器が転用された。


当時の日車製ロマンスカーの特徴の2連窓。






以下は2012年8月25日撮影



今回は土曜日だったためか車内が公開されていた。


シートモケットの交換作業中で、左のシートに資材が括りつけられていた。




開放的な運転台、大井川時代の運賃表、姉妹鉄道プレートなども残っている。


道の駅売店では本車のプレートなどを販売していた。

この場所の地図


バス利用の場合は加賀温泉駅から加賀温泉バス佰野行きでゆ〜ゆ〜館前下車。
山中温泉バスターミナルからは徒歩15分ほど。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー