京成電鉄
博物館動物園駅跡

1933年上野公園の地下で通過する京成上野開通時に開業。
地下駅ゆえホーム延長ができず4連しか停車できなかったこともあり老朽化と利用者減で1997年休止
2004年に廃止となったが、上野公園内の景観に合わせた独特の駅舎が保存運動が起こり
2018年改修工事が完了した。
以後イベントで公開されており、2020年2月には「京成リアルミュージアム」として歴史展示公開が行われた。
撮影日 2020年2月21日


開館日を間違えてこの日は開いていなかった。


博物館動物園駅跡の表示。


照明復元事業官僚のプレート。


閉じられた扉にも意匠が施されている。


以下は2020年2月24日撮影

開館日にあらためて訪問。


地上部にはスカイライナーAE形の1/2カットモデル。


技術者養成の都立職業能力開発センターの方々による制作。


地下1階に降りる階段には京成110年のあゆみのポスター。


開業時は駅事務室のあったコンコースが展示会場となっていた。


博動駅建設中の写真と設計図を展示。


完全な状態ではないが、よく設計図が残っていたものだ。


駅の歴史、構造のスライド上映。


展示ケースには懐かしいパタパタ式の行先板も。




モナリザ展など芸術関係の記念切符が多いのも京成ならでは。




地下2階ホームへの階段は閉鎖されていた。


改札前にはなにやらオブジェ。




地上駅舎ドーム内側。





京成電鉄メニューへ
 

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東京 掲示板

広告ポリシー