ひたちなか海浜鉄道
キハ222・キハ2005

キハ222は2015年5月、キハ2005は2015年12月に運行終了、廃車後阿字ヶ浦駅に留置されている。
茨城交通時代から廃車された車両を阿字ヶ浦に留置し、夏季海水浴客の更衣室に利用されていた。
キハ222、2005が阿字ヶ浦に留置されてから、この車両をご神体として
鉄道神社を勧進する話が報道されたがその後の動きはないようだ。
撮影日 2019年3月31日



ホームの奥に留置されている。


潮風の影響のある場所で、キハ222はそうとう痛みが出ている。


キハ2005は痛みはあまり出ていない、島原鉄道風のヒゲがうっすらと残っている。




営業列車はホーム片側のみ使用。




キハが留置されている線以外の側線はポイントが切られている。














キハ2005のベンチレーターは変形箱形。








以下は2019年12月22日撮影

塗装の傷みが進んでいる。


看板の「那珂湊第壱車庫」は那珂湊駅近くの鉄道模型運転場。















この場所の地図

茨城交通・ひたちなか海浜鉄道メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板

広告ポリシー