生野の明延鉱山保存車

生野鉱山跡の生野鉱物館前に保存。
撮影日 2020年3月7日


明延鉱山の車両は両端の明延、神子畑に保存されているが、兄弟鉱山でもある生野鉱山跡にも保存されている。
このときは時間がなかったので行かなかったが、体験坑道内にも車両が保存されている。


電機20号+客車「あおば号」+運搬車の3両と後ろに坑内用バケットローダー車と鉱車が展示されている。





20号電気機関車



トロリー電車という看板が付いている。集電器はZパンタに見える。


キャブと反対側にはひさしが付いている。



あおば号

裾絞りの車体、ごつい足回り、屋根にはベンチレーターが2こ、個性的な車両。








妻板に扉があるが、非常用だろうか。

運搬車

鉱車の足回りに物置をのせたような車両。




片流れ屋根の鉄道車両はこれだけだろう。



610mmゲージの坑内用車両。




バケットローダー車







鉱車







この場所の地図
バス利用は生野駅から生野銀山口下車徒歩5分ほど


生野銀山公式ページ
定休日 冬季以外は無休
冬季(12月〜3月)火曜日 祝日の場合は営業
営業時間9:00〜17:30
体験坑道所要時間約40分
入場料 900円

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー近畿 掲示板

広告ポリシー