みさき公園
わくわく電車ランド

南海電鉄直営の遊園地のアトラクション。
南海線の2形式3両のカットボディとラピート先頭部モックアップが設置されている。
2014年に開設されたが、2019年3月に南海電鉄が2020年3月末で経営から撤退すると発表された。
撮影日 2019年3月22日


カットボディのクハ10905、7033、7041と30000系モックアップと運転シミュレーション、プラレールコーナーなどがある。

館の前にFS355ミンデン台車が展示されている。



7000系に使用された空気バネ台車。
軸箱から左右に伸びた板バネで支持するミンデン方式。






電車ランド前に展示。




クハ10905



サザンに使われる和歌山方先頭車。
サザンは難波方に自由席車7100系を併結するため、普段先頭に出るのはこちら側のみ。




車両には後方に階段を設置。






モハ7033



7000系の難波方先頭車。展示にあたり旧塗装に戻された。
新塗装化に合わせて取り付けられたスカートを外した姿になっている。




老舗電鉄南海ならではの形式銘板。


車内には加太線めでたい電車の紹介ポスター、吊り手も半分魚形のものに変えてある。


車掌体験でドア開閉ができる、ドアエンジンも見られるようになっている。






モハ7041



新塗装となった7041、スカートを装備。




こちらもめでたい電車水色のポスター、吊り手はカニ形。




50000系モックアップ



奇想天外なスタイルの空港特急、廃車はでていないため実物大のモックアップ。


イメージキャラクター、ラピートルジャーも登場。




先頭部だけだとロボットのようにも見える。




車内はがらんどう、運転シミュレーターが設置されている。




計画時のイメージスケッチと赤いラピート。


南海線の列車運行表示盤。


展示品の点数は多くない。


関空連絡橋の模型



園内にあったラピートとサザンの遊具。


新幹線300形の遊具も現役。


この場所の地図

みさき公園公式ページ
休園日 水曜(学校休み期間は開園)
開園時間 9:30〜17:00 入園は30分前まで
入園料 1350円 電車ランド入館料 400円
南海電鉄主要駅窓口(みさき公園駅は扱いなし) 駅内コンビニアンスリーで割引前売券あり


南海電鉄メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー近畿 掲示板

広告ポリシー