むさしの村
立山砂防北陸重機5t機

加須市むさしの村内に保存。
園内の610mmエンドレスは今は成田夢牧場にいる基隆炭鉱3t機、那珂川にいる協三6t機の
蒸気機関車を走らせていたが、案内看板によるとそのころ予備機として使用されていたという。
撮影日 2018年12月25日


1979年11月北陸重機製、むさしの村に譲渡された期日は記載されていない。
2010年電動式機関車「ブルーファーム」入線で廃車となった模様。


塗装は立山砂防時代と変わっていない。






建設省時代のナンバーは消されてむさしの村のロゴが入っている。




キャブ面妻板に銘板が付いているがアップ撮影しなかったので製造年は読み取れなかった。






後ろをブルーファーム号が通過してゆく。


園の北側は桜並木、ポイントがあるがトングレール、側線は撤去されている。




テンダ機ながらサドルタンクを背負ったスタイル。




テンダはオイル焚きを思わせる半円形。


テンダの銘板。


駅も本格的な建物、中に入らなかったが、協三機の図面などが展示されているという。




この場所の地図
東武伊勢崎線南羽生から徒歩30分ほど
3〜11月の日祝日は加須駅から送迎バスあり


むさしの村公式ページ
営業時間 9:30〜16:30
休園日 水曜日(祝祭日・学校長期休み期間、5月は営業、12・1月は冬休み期間以外は土日のみ開園)
入園料 1200円

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板

広告ポリシー