音威子府駅
天北線資料室

駅舎内の資料室。
撮影日 2019年9月8日


駅舎の一部が展示室になっている。


壁面のイラストは北海道に縁のなかったキハ181。






常盤号は常盤村から音威子府村への村名変更50周年を記念して1983年に運転した列車。
かつて駅前に立っていた砂沢ビッキ氏制作のオトイネップタワーが描かれている。




音威子府駅のNゲージジオラマ、C55牽引の急行利尻が停車中。


庫にはキハ02とキハ04、よく見ると片上塗装。


訪問日は風っこそうや運転日、関係グッズなどを展示。


音威子府駅舎は音威子府村により改築されバス営業所を併設した交通ターミナルとなった。


跨線橋は昔のままだが、1番線ホームは無くなった。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北海道 掲示板

広告ポリシー