横浜市電保存館
七夕電車2019・7

6月22日から7月7日まで1104、1311が車内に
地元保育園、幼稚園、小学校の園児、児童の短冊を飾った七夕電車になった。
撮影日 2019年7月4日


入口の1511モックアップには令和元年表示。


系統板が七夕仕様になっていた。










車内には短冊、窓には竹のラッピング。










短冊には「ユーチューバーになりたい」というものも。


貨10号は2017年に行われた花電車装飾のまま、荷台下の文字が消えていた。





Oゲージレイアウトでは新幹線500系、EF65Pの牽く20系、京急2000系、市営地下鉄1000系など
実物が引退した車両が走り回っている。


横浜市電保存館公式サイト

開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜(祝日の場合は翌日・学校の春・夏・冬休み期間は開館)年末年始
入館料 300円 バス利用で来館時ICカード提示で200円に割引

バス利用の場合は
JR根岸駅から市営バス21、78、133系統で約7分。市電保存館前下車
横浜駅東口から京急バス110系統・市営バス102系統で約30分。滝頭(たきがしら)下車徒歩3分
桜木町駅前から市営バス21系統で約40分。市電保存館前下車
上大岡駅から市営バス133系統根岸駅行で約20分。市電保存館前下車
地下鉄阪東橋駅から市営バス68、102系統で約10分、滝頭下車
地下鉄吉野町駅から市営バス113系統で約7分。滝頭(たきがしら)下車
元町中華街、日本大通などからもバス利用可能

路面電車の走る街 横浜市電メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板

広告ポリシー