伊予鉄道1号機 4輪客車

梅津寺駅前の伊予鉄道直営の公園、梅津寺公園に保存。
撮影日 2010年12月22日


1888年クラウス製、現存する最も古い軽便機関車ということで1967年に鉄道記念物に指定された。
1962年には晴海で開かれた鉄道90周年記念展にも展示された。


立派な上屋の下に展示されている。


伊予鉄道が1067mmに改軌時に本機も改軌されたが、梅津寺に保存されるときに元の762mmに戻されたらしい。


公園の横を通る道からもフェンス越に見ることができる。


1953年に道後公園に保存、1964年に愛媛大学に保存されていた3号機の返却をうけ、
その部品を転用して1965年に大修理を行い梅津寺に保存された。
伊予鉄本社前の1号機レプリカにも3号機の部品が一部使われているらしい。


キャブ内の配管に至るまでピカピカに磨かれている。


ロッドはメッキされているようで、これはどうもおもちゃっぽく見えてしまう。
動輪はボックスタイプ。




客車のナンバーはない、1980年に復元されたもの。






梅津寺公園
休園日 毎週木曜日
営業時間 9時〜17時
入園料 50円

この場所の地図


伊予鉄道メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー中国・四国 掲示板

広告ポリシー