キハ20 443 ナハネ20 347

天竜浜名湖鉄道(元国鉄二俣線)天竜二俣駅構内に保存。
撮影日 2005年10月12日


駅構内の新所原より外れに留置してある。
以前はキロ80もあったがすでに解体されたようだ。


キハ20433は塗装工事のためにか足場が組まれていた。


ナハネ20347のほうはかなりサビが目立つ。


窓ガラスも一部破損している。


ホームより撮影。

天竜二俣構内の木造扇形庫などは公開されていたが、
2005年9月より「一部マニアの危険行為が目に余ったため」公開は中止されている。
その後ガイド付き転車台ツァーとして有料公開となった。


敷地外から撮影、扇形庫、ターンテーブルとも現役で使用中。
特に木造扇形庫は唯一の現役のもの。


ターンテーブル脇には二俣線のさよならSL列車を引いた
C58200の動輪と煙室扉がモニュメントとして残されている。


駅構内にもタブレットキャッチャーなどが展示してある。

以下は2009年1月7日撮影

ナハネ20、キハ20ともボランティアの手で整備され美しく甦った。




以下は2012年1月7日撮影



車両の前の看板は整備ボランティア参加のお誘い。






ナハネ20の線路側はパテ修復の途中だった。


後ろには線路をまたいでコンテナが。


以下は2013年8月21日撮影

天浜線車窓より。


ナハネ、キハともきれいな姿を維持していた。


















以下は2017年8月4日撮影

ホームより撮影。2両とも塗装工事中だった。


浜松市による立派な案内看板が設置されていた。
キハ20もハナネ20も後期の製造で、現役期間は短かった。


列車かた見える案内看板裏面は国鉄時代の遠江二俣表記の駅名票風。


ナハネには足場が組まれていた。














国鉄コンテナ。




天竜二俣駅前にはC58389が保存されている。

この場所の地図

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東海 掲示板