木曽森林鉄道 DL
No99・No120

木曽森林鉄道王滝本線の起点だった上松駅から2kmほどの寝覚ノ床遊歩道脇に保存。
撮影日 2008年7月23日

2013年4月追記 No98と記載していましたがNo99でした。


森林鉄道にふさわしい立派な木製の案内板だが、だいぶ読み取りにくくなっている。


2両並べて上屋付きで保存されている。




台枠にSAKAIWORKSの銘、軸受けにもサカイのマーク。


こちら側から見ると初期の国鉄貨車移動機やDB10にも似た古典的な顔付きだ。






ボンネットから立ち上がった煙突がチャームポイント。


No120は一回り大型のL型機。


屋根に置かれた消音器がユニーク。




町営駐車場から寝覚ノ床へ向かう遊歩道を100mほど行くと森の中に機関車が見えてくる。

この場所の地図
場所の表記を「寝覚ノ床美術公園」と表記してあるケースもあるが、美術公園内ではないので注意。
バス利用の場合は木曽福島駅・上松駅よりおんたけ交通で寝覚ノ床から徒歩10分弱、
旧道経由のバスの場合は中仙道ねざめ下車で15分ほど。
駐車場は2箇所にあり、バス停に近いほうでなく、地元の方の表現によると「下の駐車場」
地図を見るだけでは少々分かりにくい場所なので、上松駅前の観光案内所で確認するのが良いかもしれない。

木曽森林鉄道現役時代の上松ヤードの様子はこちら

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー