高松琴平電鉄62

高松空港に隣接するさぬきこどもの国に保存。
撮影日 2013年2月15日


最古の電車というものの車体は1953年に新造されており台車も履き替えられている、案内看板の文章は誤解を招きそうだ。
東京急行電鉄で6年間、の表記も合併によるもので走る区間は同じなので不適切。


15m級の近代的で好ましいスタイル。
下回りは台車が端に寄ってオーバーハングが短い。


上屋の下で大変きれいな状態で展示されている。




公園は高松空港滑走路に面している、左手奥に飛行機が見える。






車内は現役引退時のまま。


車内にも案内看板と同じ内容の掲示がある。


広告枠には現役時や公園搬入の写真などを展示。


昭和二十八年鋼体化改造 高松琴平電鉄今橋工場 の銘板。


窓越しに離着陸する飛行機も見られる。


台車には昭和16年川崎車輛の銘板。
元阪神881形の2代目30形の発生品らしい。




手前のベンチは汽車形。







公園にはYS−11も保存されている。


高松空港ターミナルビルから撮影。


この場所の地図
土休日のみ高松空港よりシャトルバスがほぼ30分毎に運行している、
ターミナルビルから直線距離で500mもないが、道路は大回りするので平日はタクシー利用が無難。

さぬきこどもの国公式サイト
開園時間9:00〜17:00(夏休み期間は18:00まで)
休園日 毎週月曜(祝日の場合は営業) 年末年始 9月第1週の月〜木
GW・春休み・夏休み・年末年始以外の冬休み期間は無休
入園料 無料

琴電メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー中国・四国 掲示板

広告ポリシー