大崎市松山御本丸公園コスモス園
松山人車

9月上旬から10月上旬のコスモス祭りにあわせて期間中の土日祝日
旧松山町の城址公園内のコスモス園を半周する馬蹄形の線路を人車がゆっくりと走行する。
撮影日 2014年9月6日


運行するのは1992年製のレプリカ、当時の車両を復元したものは近くの松山ふるさと歴史館に保存されている。


乗り場は看板が一枚立つだけ、ホームはなく、乗車は妻の扉から。




近年の電車のように裾絞りになっているのが面白い。


足回りはコロ軸受け。


さっそく乗り込んでみる。
乗客は一人でも運行する。


当時は車夫一人で押したそうだが、今は一人が牽いて二人が押す。




公園入口に近い側の末端部。
レールは画面奥を回りこんで左手奥に続いている。


途中はこのような併用軌道風な場所も。


訪問時はコスモスはまだ三分咲きといったところ。
花の多いところを望遠で引いてみた。


途中には若干だが勾配もあり、引き出しには力がいるところ。


展望台に登るとコスモス園の向こうに田園が広がる。


終点に到着、お客さんが降りてきた。


客待ちは通常反対側の末端で行っているようで、すぐに回送で発車。


田んぼの中を金太郎がコキを牽いて横切っていった。
















今度は戻りもお客さんが乗っていた。




時には脱線も。




後ろの植栽は合併で消滅した松山町章を模ったもの。


路線の中間ほどに車庫がある。


運行時間を終えて回送が到着。


車庫のシャッターを開け、分岐部分のレールを取り出しセッティング。




乗り越え分岐が完成。


通過は慎重に。




これで本日の運行は終了。

この場所の地図
松山町駅より2km強。
バスは月〜金(祝日運休)のみなので人車運行時には利用できない。
松山町よりタクシー利用がお勧め。

大崎町コスモス祭り公式サイト
期間は開花状況により年によって変わるので注意。


遊覧鉄道メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東北 掲示板

広告ポリシー