真岡鐵道 真岡駅構内の保存車

真岡駅構内には第3セクター移籍時にキハ20、DE10、貨車が保存された。
動態保存のC1266、C11325も運転の無い時は展示車両の一隅の専用車庫に置かれている。

2013年春公開予定で井頭公園に保存されている49671を空気式動態機として移設、
羊蹄丸から移設したスハフ4425とあわせて展示される計画が進められている。
撮影日 特記以外2008年12月24日


駅西口の蒸機検修庫に続いて屋外にキハ20213+DE1095+ヨ8000+ヨ5000×2+トラ7000×2の順に並んでいる。

キハ20 213

ナンバーなどの表記は一切なくなっている。




狭い場所なので超広角でやっと収まった。




ナンバーが読み取れないが、運転台窓にデフロスタが装備されていないため、213号と判断できる。



2012年10月14日撮影 再塗装されている。


2013年7月20日撮影


2018年4月8日撮影


2018年4月8日撮影


DE10 95












2012年10月14日撮影


こちらも再塗装されてきれいになっているが、キャブのナンバーは欠落したまま。


2013年7月20日撮影


2018年4月8日撮影

DE1095履歴
レイル・マガジン2008年10月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より引用
1969-7-9 日本車両名古屋工場 製番2785
配属 千葉局
1969-7-9配置 佐倉
1986-3-15田端
1987-2-3廃車 田端
譲渡 真岡鐵道

ヨ8016

この車は表記がかすかに読み取れる。



2012年10月14日撮影
展示線の保存車のうち本車だけが、駅東側に2013年4月オープンしたSLキューロク館に整備され移設した。

ヨ14594・ヨ14720
ヨ3500を2段リンク化したヨ5000の13500番台車。
2両保存されているが表記が読み取れないため番号特定ができない。






2012年10月14日撮影


2012年10月14日撮影


2013年7月20日撮影
他の車両は整備されたが、ヨ5000の2両はそのままだった。


2013年7月20日撮影


トラ75954・トラ75083
トラ70000も2両保存されているが、こちらも番号特定不能。






2012年10月14日撮影



2013年7月20日撮影


2013年7月20日撮影



2018年4月8日撮影

次へ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板

広告ポリシー