マスタードシード 電車食堂

吹上駅から2kmほど、上越新幹線車窓からも見える東武クハ703とモハ5703カットボディを使ったイタリアンレストラン。
撮影日 2009年4月9日 いずれも許可を得て撮影。


クハ703は1両そのまま、モハ5703は約半分のカットボディでL字に配置されている。


塗装はオリジナルとは色調が違っている。


足回りはなぜか緑色。最初期のカルダン駆動台車として知られる東芝製TT−3。
カルダンから吊り掛けへ改造された際、電動車用から付随車用に転用された。


モハの台車はご覧の状況で確認できなかった。


モハの車内、カウンター席となっている。蛍光灯、荷棚などは原型のようだ。
カウンターの後ろには現役当時の写真が飾られている。


クハ車内、こちらも片側の窓は埋められている。






すぐ目の前を上越新幹線の高架が横切っている。


ランチタイムの日替わりメニュー、長ネギ入りたらこクリームスパゲッティ大盛り
コーヒー付きで990円、平打ちのパスタはボリュームたっぷりでお味も大満足。
お店の方も親切でまた行きたいお店です。

この場所の地図

マスタードシード
営業時間
ランチ 月・水〜日 11:30〜14:30(L.O.)
ディナー 月・水〜日 17:30〜23:00(L.O.22:00)
定休日 火曜日・第2月曜日
バス利用の場合は吹上駅より行田車庫行(経由が2つあるがどちらでも可)
「ものつくり大学入口」下車、新幹線高架に沿って徒歩5分ほど。


東武鉄道メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー北関東 掲示板

広告ポリシー