長野総合車両センター公開2012・10

鉄道の日イベントとして公開。
撮影日 2012年10月13日


構内を走り回っていた「スーパーあずさ」さすがに振り子構造にはなっていないようだ。




雪国ならではの上屋付きトラバーサー




パンタグラフの展示、菱形の標準形PS-16JとシングルアームPS36


トラバーサー体験乗車?も行われた。


トラバーサー操作板。




検修庫内で仮台車に乗った351系




留置線に並んだ115系訓練車、211系、入換用DL


後ろにはヨ8000も見える。


クモハ115-1074はなぜか東海道線の「快速アクティー」の幕表示。


訓練車モハ114-1180




改造待ちの211系、横軽廃止後14年を経て留置中のEF6315?、解体待ち?の211系グリーン車。


構内のあちこちには改造待ちの211系が留置されていた。


115系のお顔もあった。


どこかのモノレールのような乗務員研修用シミュレーター。


クロ253-1 鉄道博物館入りを前提の保管車という。




クロ253の後ろにはこれも長期留置車のEF622、その後ろは保管車のDD161のようだ。


スキルアップセンターの京葉線用クハ204-118








ドア部はサハ209-558


ライブスチームの運転、機関車のナンバーはD51229、実物は長野工場製造1番の機関車。



TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー信越・北陸 掲示板

広告ポリシー