中泊町博物館の保存車

津軽中里駅から1kmほどの町立博物館内に保存されている津軽森林鉄道の協三製4.8tDL。
撮影日 2011年7月2日




博物館入り口に展示されている。後方には隋道の名称板を展示。


屋内展示だけあって状態は非常に良い。




津軽半島を横断して敷設された長大な路線図、中里地区の軌道跡も紹介している。


木曽森林でもおなじみのボールドウインB1タンク機の模型。
案内板には推定模型と表記している。


展示室には津軽鉄道の出札口が再現されている。


裏側は出札箱にダッチング、改鋏があり実際に入館記念の硬券に入鋏することができる。

この場所の地図
津軽中里駅から徒歩10分少々、折り返し時間に余裕のあるときは訪問をお勧めします。

中泊町立博物館
休館日 月曜・祝日・年末年始
開館時間 9:00〜16:45(入館は16:15まで)
入館料 200円
博物館公式サイトでは過去に企画展パンフレットをpdfで公開している。
これは他の施設でも行ってほしいサービスだ。
「思い出」で綴る津軽鉄道のあゆみ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー東北 掲示板

広告ポリシー