長野運転所 1972・8

信州旅行の最終日に訪れた機関区。
飯山線のC56のDL化を控えていたころで
黒姫までの臨時列車「ファミリーD51号」運転のために
D51207が借り入れられていた。
昔から長野のカマは手入れのよさで有名だったが、その伝統は守られていた。
撮影日 1972年8月23日


写真を張り合わせたニセパノラマ写真。


出区を待つD51207とC56111、時計は9:30を示している。


やがて整備の人たちがカマを磨きはじめた。






続いてC56も。


整備を終えて出を待つC56111、残念ながら形式入りプレートではなくなっていた。

その2へ

トップページ 蒸気機関車〜1976 掲示板


広告ポリシー