西鉄大牟田市内線204

大牟田市内のうどん店に保存。
1952年大牟田市内線休止後(1954年廃止)福島線に移動、1958年福島線廃止により福岡市内線へ、
1975年の同線一部廃止時に廃車となり、山口県光市の図書館に保存された。
荒廃が進んでいたが、2011年に有志の手によって大牟田に移設された。
川村様8点ご提供。
撮影日 2014年12月26日

「福岡県大牟田市にある「大力茶屋」駐車場に保存してあります
『大牟田路面電車』の撮影と現況を見て参りましたのでレポートします。
九州道の南関インターから車で7〜8分の場所にある「大力茶屋」という、うどん屋の駐車場片隅に
路面電車は線路に乗った状態で屋根無しの屋外保存されています。
大牟田市内の旭町〜四ツ山間を結んでいた『204号』という車両で、当時のブルーツートンカラーに
塗装されていますが、屋外保存なせいか車体は錆や塗装剥がれの劣化が始まっています。
車内の吊り革や運転台のマスコンは外から見る限り、かなり綺麗な状態なようです。
車内のシートは見えないため状態は不明です。
車外はパンタグラフ、台車、車輪、下廻り共に塗装剥がれはありますが状態良好です。
車体前には当時を伝える看板があり「募金活動を行っています」とありますが連絡先は明記されていません。
募金を希望される方は「大力茶屋」に問い合わせてみてください。
地元では有名なうどん屋さんとあって昼前に到着したのですが、
駐車場はほぼ満車に近くかなり賑わっていました。」


2018年11月追記
大牟田市に寄贈され、市と西鉄により大牟田駅西口に移転、整備されると報道されました。




塗装は福岡時代のマルーンにクリームから大牟田線時代の青系統に復元された。




軽快な気動車用を思わせる台車。




窓は福岡時代の2段窓から大牟田時代の一段窓に復元。






以下は2015年5月27日撮影



四ツ山といういかにも炭鉱の町らしい行先表示。










車内には現役当時の写真などが掲示されている。






この場所の地図(大牟田駅西口に移転済)
最寄り駅は九州新幹線新大牟田1km強
西鉄東甘木から1.5kmほど
バス利用の場合は大牟田駅より南関行き(毎時1本程度)宮部大町下車
西鉄大牟田駅のレンタサイクル利用も便利(約5km)

西鉄メニューへ

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー