小田急電鉄
海老名車両基地の保存車

小田急ではロマンスカーを中心にエポックメーキングな車両を保存している。
通常は車両基地に保管されて非公開だが、毎年秋の小田急ファミリー鉄道展で公開される。
撮影日 特記以外は2007年10月20日


この年の基地公開の目玉は普段専用庫に眠っているSE車3000形の屋外展示。

 
新宿方先頭は登場時の姿に復元されています。


中間車3022も当初の塗装に戻されていました。


小田原方3両は引退時のSSEの姿。


御殿場直通車の号車表示はこのサボにあるようなA・B・Cを使っていました。






となりにはこれも編成単位で保存されているNSE車3100形。




さようなら運転のヘッドマークのままでした。


展望室のさようなら運転のロゴ。


最新のMSE60000系のご披露を兼ねて歴代ロマンスカーが展示されました。

以下は1999年10月16日撮影。


専用保管庫の中のSE車。


小田急開業時に区間運転用に登場したモハ10。


小田急初の新性能車デハ2200。


ED1012、保存車ではなく、当時は現役だったかその後解体されてしまった。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー南関東 掲示板

広告ポリシー