高千穂鉄道TR301+302

高千穂〜高森の未成線上の高千穂物産館トンネルの駅に保存。
撮影日 2013年4月24日


新潟鉄工製のパノラマカー、鉄道廃止前に除籍されこの地に保存され喫茶店として使用されていた。
後方に未成線の橋梁上に保存されている48647が見える。


手前がTR302、奥がTR301、現役時とは違った塗装になっている。




高千穂方のTR301




延岡方のTR302


台車には住友金属のFS210Dと新潟鉄工のNP120D-7の2枚の銘板が付いている。




訪問は4月24日、閉店が3月31日ということで間に合わなかったかと思ったが
3月31日が木曜なのは2011年、2年前に閉店していた。


延岡方のTR302は休憩所として車内に入れる。
妻部にクーラーが設置されている。


TR301の窓には「さよならたかちほ号」のステッカーが残っていた。





未成線のトンネルを転用した神楽酒造トンネル貯蔵庫。


トンネル貯蔵所の九州横断鉄道建設の経緯の案内看板。
H9年(1997年)までなので高千穂鉄道廃止は記載されていない。








この場所の地図
バス利用の場合は高千穂バスセンターより町営ふれあいバス河内線(平日7往復土休日3往復)で坂ノ下下車すぐ。

神楽酒造高千穂物産館トンネルの駅
営業時間9:00〜18:00 無休
保存車見学は営業時間外でも可能。

TOP 保存車メニュー全国 保存車メニュー九州・沖縄 掲示板

広告ポリシー