都電荒川車庫 都電おもいで広場
5501・7504

土日祝日のみオープンなので、天気が悪かったが時間のあいたときに再訪。
撮影日 2007年6月9日




電停ポールを引っ掛けないで車体全体を写せるのはこのアングルだけ。






ナンバーの書体は手書きのようだ。


足踏み式マスコンが再現された運転台。
アクリル板で仕切られており、そこに機器の説明が書かれている。


室内はこのようにがらんどう、もう一方の運転台も撤去されている。
ギャラリーとして都電写真展が行われていた。





7504はステップが切られているので入口に階段が設置されている。




運転台後ろのHポールにはかつてのように路線図が掲示されているが、なぜか大久保車庫のもの。


7504を自費で修復していた交通局有志の方々による「だるま会」からのメッセージが車内に掲示されている。


その後2007年12月より第2期工事が始まり上屋が設置された。
撮影日 2008年4月1日


この日は平日のためフェンスの隙間から撮影。




荒川車庫前電停から。中央の緑色のポールも今回設置されたもののようだ。
案内看板でも付くのだろうか。


以下は2017年12月23日撮影



運転席には都電のマスコットキャラクターとあらんが座っている。


座席に座るには高さが足りないようで・・・


車内のケースには電停看板などが展示されている。


高松さん撮影と思われる写真も展示。






7504車内には2016年登場の7700形を擬人化したキャラクター、三ノ輪橋ひなさんのボード。


以下は2019年6月8日撮影

4ヶ国語記載の案内シート。


5501は路面電車の日イベントを前に再塗装が行われた。
塗装を剥し過去の塗膜から色調が再現され、以前より黄色がかった色となった。


電照式系統板用のライトが見られるのは珍しい。




側面ナンバーの位置も現役時に合わせて少々変わった。




車内には荒川線キャラクターの三ノ輪橋ひなさん、飛鳥山さくらさんととあらんのボード。






ボードが設置されているので、運転台が見えにくくなった。


5501の特徴、ペタル式マスコン。




7504は少々塗装が剥げていた。






7701の撮影用ボードも用意されていた。


黄色い電車が並んだ。
路面電車の日マークの8810とラグビーワールドカップマークの8907。


この場所の地図

都電おもいで広場
開場時間 10:00〜16:00
土日祝日のみ開場、年末年始は休み

TOP 保存車メニュー 都電メニュー 掲示板

広告ポリシー